hanaemi’s blog 花笑

hanaemi’s blog 花笑(フラワーアレンジメント教室)

東京(国分寺・府中)のフラワーアレンジメント教室。サークル名は【フラワーサークル花笑(はなえみ)】です。楽しく集って思い思いにお花を活けています!皆様の作品、日々の活動、植物についてつれづれに

MENU

#40 冬の勉強会

フラワーサークル花笑(はなえみ) 

 

講師対象の冬の勉強会に行って参りました。

 

 

リザーブドコースの1月、2月、3月のレッスン花材の実物展示等もあり、

見て来ました♪

 

リザーブドコースはいつものことですが、

今まで作ったことがないようなデザインが毎回用意されていて、

花器も様々なタイプを使います。

 

作品の色合い、雰囲気も毎回がらりと変わりますので、

飽きのこないカリキュラムになっています。

 

冬期のレッスンも是非お楽しみに!

 

 

 

生花コースのほうは秋に続き、冬のカリキュラムも、

とても季節を感じられるラインナップとなっています!

 

お正月には、新年を寿ぐデザイン。

 

年末のレッスンではお正月飾りを作りますが、

新年の作品はまた一味違った、おめでたい雰囲気たっぷりのデザインと花材です!

 

新年はご自分で生けたおめでたい花でお家が明るくなる事間違いなしです^^

 

2月には春を待ちわびるようなデザインで、

春の兆しが感じられる花材を使ったカリキュラムが組まれています♪

 

 

基本形のレッスンの方は、三角錐や、四角錐が出てきます。

 

直線を生けるのは本当に難しいので、

思い通りにいかない分、

全然退屈しませんよ(笑)

 

難しいとはいえ、苦戦しながらも、

花を挿す奥深さや楽しさを感じて頂けることと思います!!

 

 

 講師勉強会では、冬季の生花レッスンカリキュラムに登場する基本形を

1作品生けることができます。

 

私は1月後半にレッスン予定の基本形『ヴァーティカル

を選びました。

 

 

次回の記事では三角錐に似た形の

基本形『ヴァーティカル』(垂直の、直立した、の意味)

の生け方・手順を、写真と共にご紹介します。

 

基本形では特に、いつもお伝えしているのが、

グリーン(葉もの類)を序盤から挿しましょう、

ということです。

 

グリーンは最後にバランスを見ながら入れたい、

 

という気持ちはよくわかるのですが、

 

最後にまわしてしまうと、挿したい所に挿せないくらい、

もうお花がたくさん入っているため、

 

手が入らないので、挿しづらいんですね。

 

無理に手を入れると、せっかく繊細に作ってあった形も崩れますし、

花の茎を折ってしまうことも。

 

それだけではなく、先にフォームをグリーンでカバーしておかないと、

終盤でフォームを隠そうと思っても、上記の理由でなかなか隠しきれません。

 

いけばなで剣山を見せないのと同じで、

アレンジメントでもフォームが見えていてはいけません。

 

まだフォームがお花で埋まっていないうちに、たくさんグリーンを入れて、

始めのうちからフォームを隠す作業が済んでいれば、

あとはフォームを隠す心配なんてせずに、好きな所に好きなお花を挿していけます。

 

しかし、フォームが隠せていなければ、

いつまでも隠すことに意識を取られながら

作業しなければならなくなります。

 

そして、後からではなかなか隠れてくれないものです。

 

お花で隠そうとして、どんどんお花を挿して、足りなくなったり。

 

お花はそんなことに使わず、挿したいところに挿したいですよね。

 

なので、まずグリーンでフォームをカバー!

 

というのがとても大事になります。

 

そして、やってみると

 

その方がだいぶ楽で、

 

早くて、

 

効率が良いことがわかります。

 

 

でも口で言われてもなかなかピンとこないと思います。

 

百聞は一見に如かず、

 

ということで、

 

こういう感じです。

 

↓ ↓ ↓

 

f:id:elabo18sr:20181203215256j:plain

(↑ヴァーティカルを制作中)

 

先ず、グリーンでフォームを出来るだけ隠す。

 

と、同時にグリーンで作品の輪郭も、とってしまいます。

 

是非、このやり方をやってみて下さい!

 

今までよりずっと生けやすくなり、早くもなり、

驚くほどスムーズに進められる感じがすると思いますよ!

 

先にグリーンを挿すことに慣れていないと、なかなか勇気がいるやり方ですが、

大革命が起きますのでオススメします!

 

今日は講師勉強会についてでした。

 

次回は基本形の『ヴァーティカル』についてです。

 

お読み頂きありがとうございました

 

 

フラワーアレンジメント☆ 生花 他の記事は → こちら

フラワーアレンジメント☆ プリザーブドフラワー 他の記事は → こちら?

フラワーアレンジメント☆ 体験レッスン詳細・お申込み ☆ → こちら

 

フラワーアレンジメント教室