hanaemi’s blog 花笑

hanaemi’s blog 花笑(フラワーアレンジメント教室)

東京(国分寺・府中)のフラワーアレンジメント教室。サークル名は【フラワーサークル花笑(はなえみ)】です。楽しく集って思い思いにお花を活けています!皆様の作品、日々の活動、植物についてつれづれに

MENU

#43 今月のプリザーブドレッスン 『小梅』

フラワーサークル花笑(はなえみ)

 

今月のプリザーブドフラワーのレッスンは、

可愛い陶器の梅形の花器に生けるお正月飾りでした。

 

12月前半にお正月飾りが完成し、新年を迎える準備万端ですね。

まだクリスマス前なのに♪

 

 

皆様大掃除はお済みでしょうか?

 

私はまだです。

 

デキる主婦は11月頃から計画的に取り掛かるそうですね~。

素晴らしー!!

 

 

◆満福寺教室 ご持参の金のピックを足しています。ピッタリ♪

f:id:elabo18sr:20181216212730j:plain

 

◆2部の4名様まとめ撮り!

f:id:elabo18sr:20181216212741j:plain

 

◆本町教室は他にも写真撮らせて頂いたのに保存できていませんでした(泣)。

 すみません、、、。

f:id:elabo18sr:20181216212751j:plain

 

 

今回のポイント

 

・モスの使い方

 

今回は目にも鮮やかな、黄緑色がまぶしいフィンランドモス(コケ)を、

フォームカバーとして用いました。

 

モスにもオモテ、ウラ、がありますので、きちんと表を出して、留めることが大切です。

 

細かい事ですが、ひっくりかえっていると、乱雑というか、それなりの印象に見えてしまうでしょう。

 

あとは、モスの変色している部分などは、使わないか、目だたない所に使って、

発色の良い綺麗な所を、目立つ場所に入れることも大切です。

 

 

・ワイヤリング

 

ダリアとマム(菊)にフックメソッドというワイヤリングをする時の

ワイヤーの太さがポイントです。

 

薔薇には、まずピアスメソッドでワイヤリングしてみて、

足りなければ、もう1本足してクロスメソッドにすればいいのですが、

 

ダリアとマムには、今回のレッスンで初登場のフックメソッドを施します。

 

フックメソッドの場合は、もう1本後から足すということはなるべく避けたいので

始めから1本で支えきれる太さのワイヤーを選ぶ必要があります。

 

今回は24番くらいの太さなら、1本でも安心だと思います。

 

 

・花材を良く見る

 

モスの表、裏、もそうですが、花材を良く見ると、

より良い使い方が見えてきます。

 

今回入っていた造花のリーフは、葉っぱの先までワイヤーが入って

いました。

 

ということは、葉っぱを自由自在に曲げて表情を出すことも出来るということです。

 

もちろん曲げずに使ってもいいのですが、曲げられることに気づいているか、は重要です。

 

リザーブドは、ちょっとした気遣い、こだわりで、作品の出来上がりのかわいさが

グ~ンとUPします。

 

せっかくですから、たくさんこだわって、可愛く仕上げましょう!

 

 

今回は、12月のプリザーブドフラワーのレッスン、『小梅』

についてでした。

 

お読みいただきありがとうございました

 

 

フラワーアレンジメント☆ 生花 他の記事は → こちら

フラワーアレンジメント☆ プリザーブドフラワー 他の記事は → こちら?

フラワーアレンジメント☆ 体験レッスン詳細・お申込み ☆ → こちら

 
フラワーアレンジメント教室

 

#42 生花レッスン 扇形に生ける『ファン』(基本形)

フラワーサークル花笑(はなえみ)

 

今週の生花のレッスンは、基本形の『ファン』でした。

 

 

 

『ファン』とは?

 

扇形に生ける豪華なデザインです。

 

作品の裏面にはお花が入っていない、片面構成なので、

少ない花材でも大きく生けて、豪華に見せることが出来ます。

 

外側の花材は長く使って、扇形の輪郭を作ると共に、

伸びやかなステム(茎)の美しさを見せるのが特徴です。

 

今回はサンゴミズキの枝なども使って直線的なラインを強調しています。

 

外側から内側に向かって、徐々に密度の変化をつけるデザイン

(外側:薄い⇔内側:濃い)です。

 

f:id:elabo18sr:20181212135921j:plain
f:id:elabo18sr:20181212135934j:plain
f:id:elabo18sr:20181212135806j:plain
f:id:elabo18sr:20181212140009j:plain
f:id:elabo18sr:20181212135946j:plain
f:id:elabo18sr:20181212135754j:plain



皆さん、初めてなのにとっても上手で驚きました。

完成して、大きい作品の大荷物を笑顔で持ち帰られる姿に、いつも嬉しくなります♪

 

 

レッスンを振り返って

 

皆さん、密度の変化を見せるのに苦労したのではないでしょうか。

 

一番外側の一番長いお花たちを入れる本数を我慢することで、スッキリした、

密度の薄い輪郭(1層目)が出来上がります。

 

この1層目(輪郭をかたどる層)は、

少し物足りないくらいでストップしておきましょう!

 

このスカスカ感が、完成時の洗練を生みます!

 

やはりスッと伸びたステムが、『ファン』の美しさ。

 

そこを見せるには、スカスカ感が必要です。

 

 

次に少し短めにして、一段手前の層(2層目)を挿していきます。

 

そして、さらに短くして手前の層(3層目)を挿していく、、、という感じです。

 

自分が今、何層目を挿していて、そこはどのくらいの長さで挿すべき層か、というのを

考えながら挿すことが大切です。

 

密度の変化を付けるとはいえ、層ごとに長さを変えて挿していくだけなのです。

 

密度を濃くする為に中心にいくにつれ、本数を増やす、という考え方ではないんですね。

 

中心に近づけば近づくほど、既に後ろの層にお花が何層か入っているわけなので、

必然的に密度が増してくる、ということです。

             

     

    このように挿し方が放射状で、ステムを長いまま使うデザインは、

お花を挿した後でも、フォームが見えやすくなります。

 

いつも通り、序盤からグリーンを使ってフォームカバーを済ませてしまう方が

やりやすいです。

 

 

次、さらに上手くなるには?

 

今回、初めてだったので、密度の変化と、扇形を綺麗にかたどることに

集中されたと思いますが、

次からは、横姿にも是非意識を向けてみましょう!

 

1月から使う、冬のテキストには、基本形の『オーバル』(楕円形という形が

登場します。

 

オーバルは、『ファン』 と似ている部分が多いです。

 

似たような基本形が、あまり期間を空けずに登場するのは意図的なのでしょう、

とてもいいカリキュラムになっていると思います。

 

前回の感覚を忘れないうちに、次の似た形に取り組めるので、

そのまま反省点なども生かせますよね。

 

上達も早くなると思います!

 

 

今日は生花のレッスン、基本形の『ファン』についてでした。

 

お読み頂きありがとうございました

 

 

フラワーアレンジメント☆ 生花 他の記事は → こちら

フラワーアレンジメント☆ プリザーブドフラワー 他の記事は → こちら?

フラワーアレンジメント☆ 体験レッスン詳細・お申込み ☆ → こちら

 
フラワーアレンジメント教室

 

#41 基本形『ヴァーティカル』の生け方 

フラワーサークル花笑(はなえみ) 

 

今回は冬の(1月後半)のレッスンで登場する

基本形の『ヴァーティカル』の生け方を、写真入りでご紹介します。

 

ヴァーティカル』とは、垂直の、とか直立した、という意味です。

 

f:id:elabo18sr:20181203233534j:plain

 

高さを出して、逆に幅はおさえることで、上に伸びていく形を強調します。

 

正面から見ると、かなり縦長の二等辺三角形になります。

 

全体像は直角三角錐です。

 

最初のポイントは、三角形のてっぺん。

 

1番高く生ける花です。

 

ステム(茎)から花の先端までが、なるべく真っ直ぐな一輪を選びます。

 

咲き方の小さい花を選ぶと、スッと上に伸びるスリムなラインを表現できます。

 

この1輪が曲がっていると、中心が決まらず、最後まで苦労するのでしっかりと選びましょう。

 

f:id:elabo18sr:20181203213747j:plain

 そして、幅をおさえて短めに、三角形の底辺の幅を決める花を左右に入れます。

(1本目のステムの根本《MFP》に向かって挿します)

 

続いて、底辺の中央に、奥行きを決める花を入れます。

 

これで作品のサイズが決まりました。

 

         _________________________________________________

 

◆4本入ったところ。上から見るとこんな感じです。

f:id:elabo18sr:20181203213809j:plain

あとはこの4本を頂点とした直角三角錐からはみ出さないように生けていきます。

 

 

それが難しいんですよね。(^_^.)

 

始めは誰でも、辺が膨らみます。くびれることはないと思います。

 

 

 

 くびれさせよう!と思って生けるくらいでやっと真っ直ぐになるかならないか、

ではないでしょうか。

 

                    _________________________________________________

 

次は、早々にグリーンで輪郭をとっていきます。

 

こうする事で同時にフォームをカバーすることができ、とても効率良く進められます。

 

これ、ミソです!

 

◆グリーンで二等辺三角形(直角三角錐)をかたどる。

f:id:elabo18sr:20181203213823j:plain

      

       _________________________________________________

 

◆けっこうグリーンを入れたところで、FP(主役となる花)を入れます。

ラインからはみ出ないように、、、。

f:id:elabo18sr:20181203213834j:plain

 

             _________________________________________________

 

このような基本形は、だいたい作品の先端部分がさみしくなりがちです。

 

三角形の先細り感を出す為、先端は細く作りたい部分ですよね。

 

なのであまりお花を入れられないんです。

 

でも、がんばって入れないと、完成した時、下の方と比べて先端のさみしさが目立ってしまいます。

 

そうならないよう意識して、先端にも最低3~4種類は入っているようにしたいです。

 

◆細さは保ちつつも、先端にも色々入れる。 

f:id:elabo18sr:20181203213909j:plain

5種類はいったので、さみしくはないでしょう。      

        _________________________________________________

 

◆続いて、早めにカスミ草を入れます。これもミソです!f:id:elabo18sr:20181203213937j:plain

カスミ草って、普通は仕上げにバランスを見ながら散りばめたいですよね。

 

でも、こういう基本形の場合、どんどんお花が入ってきて、

終盤になると手が入る隙間がなくなります。

 

ましてや高さのあるお花がたくさん入ったヴァーティカル

 

カスミは折れやすいので、根本近くを持って挿す必要があります。

 

背の高いお花が林立してからでは、

とてもフォームに挿すところまでは手が届かなくなるので、

早めに入れましょう!

 

やりなれない手順かもしれませんがご心配なく!

何も困ることはありません。

 

挿しやすくなるだけです^^

 

あとは輪郭におさめながら、お花を入れていきます。

        

      _________________________________________________

 

◆だいたい入りました。定規でラインをチェック☆

輪郭からはみ出ていないか、辺がふくらんでいないか。

f:id:elabo18sr:20181203213949j:plain

定規をてっぺんと底辺の頂点にあてがいます。

このライン内に収まっていてほしいのですが、

中間の薔薇が定規にあたっていますね。

これは輪郭からはみ出ているということですので、少し深く差して輪郭内に収めます。

          

       _________________________________________________

 

◆左側はどうでしょう?

f:id:elabo18sr:20181203213958j:plain

こちらは収まっています。

 

始めはふくらまないように、輪郭に収めることで精いっぱいだと思いますが、

何度かやって、少し慣れてきたら、

「収める」という意識だけではなく、

 

辺を作る、

 

ラインを作る、

 

という、もう少し積極的な意識も持てると良いです。

 

◆そうは言っても、これももっと中央の辺のラインを作るべきでしたね。

f:id:elabo18sr:20181203233534j:plain

まぁ、完成です。

 

f:id:elabo18sr:20181203214047j:plain




というわけで、ヴァーティカルの生け方でした。

 

直線を生けるのはとっても難しいですが、その苦労が即座に身になっていきます♪

 

確実にその経験は蓄積されていますので、うまくなっていっている自分を信じて楽しみましょう!!

 

お読み頂きありがとうございました♪ 

 

 

フラワーアレンジメント☆ 生花 他の記事は → こちら

フラワーアレンジメント☆ プリザーブドフラワー 他の記事は → こちら?

フラワーアレンジメント☆ 体験レッスン詳細・お申込み ☆ → こちら

 

フラワーアレンジメント教室

 

 

#40 冬の勉強会

フラワーサークル花笑(はなえみ) 

 

講師対象の冬の勉強会に行って参りました。

 

 

リザーブドコースの1月、2月、3月のレッスン花材の実物展示等もあり、

見て来ました♪

 

リザーブドコースはいつものことですが、

今まで作ったことがないようなデザインが毎回用意されていて、

花器も様々なタイプを使います。

 

作品の色合い、雰囲気も毎回がらりと変わりますので、

飽きのこないカリキュラムになっています。

 

冬期のレッスンも是非お楽しみに!

 

 

 

生花コースのほうは秋に続き、冬のカリキュラムも、

とても季節を感じられるラインナップとなっています!

 

お正月には、新年を寿ぐデザイン。

 

年末のレッスンではお正月飾りを作りますが、

新年の作品はまた一味違った、おめでたい雰囲気たっぷりのデザインと花材です!

 

新年はご自分で生けたおめでたい花でお家が明るくなる事間違いなしです^^

 

2月には春を待ちわびるようなデザインで、

春の兆しが感じられる花材を使ったカリキュラムが組まれています♪

 

 

基本形のレッスンの方は、三角錐や、四角錐が出てきます。

 

直線を生けるのは本当に難しいので、

思い通りにいかない分、

全然退屈しませんよ(笑)

 

難しいとはいえ、苦戦しながらも、

花を挿す奥深さや楽しさを感じて頂けることと思います!!

 

 

 講師勉強会では、冬季の生花レッスンカリキュラムに登場する基本形を

1作品生けることができます。

 

私は1月後半にレッスン予定の基本形『ヴァーティカル

を選びました。

 

 

次回の記事では三角錐に似た形の

基本形『ヴァーティカル』(垂直の、直立した、の意味)

の生け方・手順を、写真と共にご紹介します。

 

基本形では特に、いつもお伝えしているのが、

グリーン(葉もの類)を序盤から挿しましょう、

ということです。

 

グリーンは最後にバランスを見ながら入れたい、

 

という気持ちはよくわかるのですが、

 

最後にまわしてしまうと、挿したい所に挿せないくらい、

もうお花がたくさん入っているため、

 

手が入らないので、挿しづらいんですね。

 

無理に手を入れると、せっかく繊細に作ってあった形も崩れますし、

花の茎を折ってしまうことも。

 

それだけではなく、先にフォームをグリーンでカバーしておかないと、

終盤でフォームを隠そうと思っても、上記の理由でなかなか隠しきれません。

 

いけばなで剣山を見せないのと同じで、

アレンジメントでもフォームが見えていてはいけません。

 

まだフォームがお花で埋まっていないうちに、たくさんグリーンを入れて、

始めのうちからフォームを隠す作業が済んでいれば、

あとはフォームを隠す心配なんてせずに、好きな所に好きなお花を挿していけます。

 

しかし、フォームが隠せていなければ、

いつまでも隠すことに意識を取られながら

作業しなければならなくなります。

 

そして、後からではなかなか隠れてくれないものです。

 

お花で隠そうとして、どんどんお花を挿して、足りなくなったり。

 

お花はそんなことに使わず、挿したいところに挿したいですよね。

 

なので、まずグリーンでフォームをカバー!

 

というのがとても大事になります。

 

そして、やってみると

 

その方がだいぶ楽で、

 

早くて、

 

効率が良いことがわかります。

 

 

でも口で言われてもなかなかピンとこないと思います。

 

百聞は一見に如かず、

 

ということで、

 

こういう感じです。

 

↓ ↓ ↓

 

f:id:elabo18sr:20181203215256j:plain

(↑ヴァーティカルを制作中)

 

先ず、グリーンでフォームを出来るだけ隠す。

 

と、同時にグリーンで作品の輪郭も、とってしまいます。

 

是非、このやり方をやってみて下さい!

 

今までよりずっと生けやすくなり、早くもなり、

驚くほどスムーズに進められる感じがすると思いますよ!

 

先にグリーンを挿すことに慣れていないと、なかなか勇気がいるやり方ですが、

大革命が起きますのでオススメします!

 

今日は講師勉強会についてでした。

 

次回は基本形の『ヴァーティカル』についてです。

 

お読み頂きありがとうございました

 

 

フラワーアレンジメント☆ 生花 他の記事は → こちら

フラワーアレンジメント☆ プリザーブドフラワー 他の記事は → こちら?

フラワーアレンジメント☆ 体験レッスン詳細・お申込み ☆ → こちら

 

フラワーアレンジメント教室

 

 

#39 紅葉見ごろ!の殿ヶ谷戸庭園 (東京、国分寺)

フラワーサークル花笑(はなえみ) 

  

 JR国分寺駅南口を出てすぐの殿ヶ谷戸庭園は、国の名勝にも指定されていて、

もみじのちょっとした名所です。

 

私はシーズンオフにふらりと立ち寄ったりするので、人がいない、あまり花も咲いていない時に来ることが多いです。

自分以外に2,3人しかいないような時もあり、すいていて落ち着けます。

 

昨日(2018.11.28)は、紅葉を見る為に行ってきました。

この前はお財布を忘れて入れませんでしたが、、、。(記事#30)

 

 

さすがに見ごろだけあって、少し混んでいました。

でも全然人ごみってほどではないです^^。

 

今日はその様子を写真多めでご紹介します。

 

 

◆入口

f:id:elabo18sr:20181129100904j:plain

 

◆いつもとても綺麗に整えられている芝

f:id:elabo18sr:20181129100957j:plain

 

f:id:elabo18sr:20181129100917j:plain

 

f:id:elabo18sr:20181129100930j:plain

 

 

◆萩のトンネル 

f:id:elabo18sr:20181129101113j:plain

 

 

◆庭園内は国分寺崖線の自然の地形を生かしてアップダウンがかなりあります。

 記事#34の日立の研究所と一緒です。

f:id:elabo18sr:20181129101125j:plain

 

 

◆下って行く様子

f:id:elabo18sr:20181129101137j:plain

 

f:id:elabo18sr:20181129101155j:plain

 

 

◆見頃!

f:id:elabo18sr:20181129110046j:plain

 

f:id:elabo18sr:20181129101451j:plain

 

 

◆小さな竹林もあります

f:id:elabo18sr:20181129101516j:plain

 

f:id:elabo18sr:20181129101528j:plain

 

f:id:elabo18sr:20181129101537j:plain

 

f:id:elabo18sr:20181129101548j:plain

 

 

◆青いもみじも綺麗~

f:id:elabo18sr:20181129101556j:plain

 

◆和紙の模様のようです

f:id:elabo18sr:20181129101604j:plain

 

 

◆下りきった所には池があります。

f:id:elabo18sr:20181129105527j:plain

 

◆湧水を利用した次郎弁天池

f:id:elabo18sr:20181129114415j:plain

 

f:id:elabo18sr:20181129114440j:plain

 

 

◆奥に階段が見えます。高低差が結構あります。

f:id:elabo18sr:20181129103842j:plain

 

◆池のまわりの斜面で、陽当たりのいいところは特に紅い。

f:id:elabo18sr:20181129102012j:plain

 

◆池を見下ろすように東屋があります。

f:id:elabo18sr:20181129102032j:plain

 

◆がら空きの時もありますが、この日は大盛況

f:id:elabo18sr:20181129102601j:plain

 

◆東屋の横に半日4千円で借りられる紅葉亭(こうようてい)があります。

f:id:elabo18sr:20181129102609j:plain

 

◆東屋から池を見下ろすとこんな感じで1番のスポットです。

f:id:elabo18sr:20181129102105j:plain

 

◆織りなしてる織りなしてる~♪

f:id:elabo18sr:20181129102206j:plain

 

◆1番色鮮やかに撮れた写真

f:id:elabo18sr:20181129102220j:plain

 

◆池に移りこむもみじと、散ったもみじの葉と金魚。

 「ザ・風情!」←(これが風情ない)

f:id:elabo18sr:20181129102829j:plain

f:id:elabo18sr:20181129114522j:plain


 

◆鹿おどし

f:id:elabo18sr:20181129102853j:plain

 

◆資料の展示室 この庭園の変遷など。

f:id:elabo18sr:20181129102704j:plain

 

 

◆入口の案内板   右、コモ巻き。害虫駆除のためだったんですね~。

f:id:elabo18sr:20181129102713j:plain

 

◆千両、万両は知ってたけど十両もあるとは知りませんでした。

一両も百両もあるそうで、一、十、百、千、万と揃っているんですね!

f:id:elabo18sr:20181129102722j:plain

 

◆図らずもイイニワの日に行っていました(笑) 記念品てぬぐい。f:id:elabo18sr:20181129102731j:plain

 

 

今日は、紅葉が見ごろの、殿ヶ谷戸庭園についてでした~。

 

お読み頂きありがとうございました♪ 

 

 

フラワーアレンジメント☆ 生花 他の記事は → こちら

フラワーアレンジメント☆ プリザーブドフラワー 他の記事は → こちら?

フラワーアレンジメント☆ 体験レッスン詳細・お申込み ☆ → こちら

 

フラワーアレンジメント教室

 

 

#38 エテルボーテリース作りました♪

フラワーサークル花笑(はなえみ) 

 

今日は皆さんのレッスンより一足先に、エテルボーテリースを作りました。

先に作っておくと、色々お伝えすべき所にも気づけるので。

 

あと、単に可愛いので制作意欲が湧きまして^o^。 

 

いや~、リースは本当に楽しいですね!!

 

リースに限らずなのですが、何かを制作するときは無心になってできるので、

 

本当に座禅や瞑想のような効果が得られると思います。

 

 

 日々の煩わしい事などが頭をよぎる隙もないんですね。

 

まあ、色合いや配置を考えたりするので、

 

頭空っぽ、無になる、

 

というわけにはいきませんが。

 

心のざわつきなど皆無です!

 

最高に楽しく、リラックスしてお花とだけ向き合う時間、、、。

 

至福ですね♪

 

 

エテルボーテリースは、ワックスコーティングされた本物の花材を使って作ります。

 

蝋の魅力的な質感で、色もシックで素敵ですよね!

 

寒色系であり、パステルカラーも入っていることから、

Merry christmasと印字してあるリボンとクリスマスのオーナメントを外せば、

冬に限らず、季節を問わず、

年間を通して飾っていても、違和感のない色合いだと思います。

 

なかなかどの季節もOKなリースってないですよね。

 

そして何より魅力なのは、本物なのにワックスコーティングのおかげで

ずっともつという所です!

 

 

◆このような 材料で作ります。左の葉っぱのような物は綿の殻です。

f:id:elabo18sr:20181123190611j:plain

ワイヤーで固定するものも中にはありますが、ほとんどがグルー接着のみでOKです。

グルーガンがあると、とても楽にできます。

た~くさんグルースティックを使います!

 

 

◆レイアウトをおおまかに決めてから貼っていくので、仮置きしてみた所。

f:id:elabo18sr:20181123190638j:plain

 

 

◆いよいよ接着していきます。円を崩さないように気を付けながら、、、。

f:id:elabo18sr:20181123190702j:plainいつもですが、ここからまた熱中してしまい、

途中経過の写真を撮り忘れました(-_-)。

 

◆なのでいきなりもう完成写真です。

f:id:elabo18sr:20181123190739j:plain

あ~楽しかった!!

さて、どこに飾ろう。

 

◆玄関の内側にはもうこれが陣取っているので、、、。

f:id:elabo18sr:20181120220330j:plain

 

やっぱり外側の玄関ドアですかね~♪

 

ご近所は、お隣もお向かいのお宅も

もう可愛いリースを飾っているので、 うちもかけておくか。

 

 

エテルボーテリース、参加される方は、

ほんとに楽しくて素敵なので、レッスンの日を楽しみにしていて下さいね!!

 

 

余談ですが今日、

水引の結び方を教えていらっしゃるという方に、

あわじ結びを教えて頂くことができました。

 

◆あわじ結び

f:id:elabo18sr:20181123203327j:plain

前に練習したけど忘れていたので、コツなど聞けて良かったです。

 

素晴らしい日本文化ですよね。

 

お正月アレンジの時にお伝えします!

みんなでやってみましょう~。

 

 

今日はエテルボーテリースのご紹介でした。

 

お読み頂きありがとうございました

 

 

フラワーアレンジメント☆ 生花 他の記事は → こちら

フラワーアレンジメント☆ プリザーブドフラワー 他の記事は → こちら?

フラワーアレンジメント☆ 体験レッスン詳細・お申込み ☆ → こちら

 

フラワーアレンジメント教室

 

#37 生花 ラウンド形のレッスン

                           フラワーサークル花笑

 

 

今回はラウンド形(丸い形)の課題でした。

 

360度どこから見ても鑑賞できるデザインです。

 

今回でラウンドは3回目となる方が多かったので、

だんだん挿し方が理解できてきた頃だと思います。

 

基本中の基本の形だけに、何度やっても色々学びは出てきますよね^^。

 

 

今回はいつもと違った部分に気を付けて頂きました。

 

それは、下、三分の一を意識するということです。

 

やはり作業中はどうしても上から見るばかりになりがちなので、

上の方は放っておいてもしっかりお花が入っていくのですが、

下3分の1は、意識が行き届かず、最後まで隙間が残っていたりしやすいです。

 

 

そして底辺をしっかり作りましょうというのもポイントでした。

 

底辺はかなり意識しないと、綺麗なラインがそろってきません。

 

けっこう本数的にもしっかりお花が入っていないと、大きく欠けたように見えてしまったりして、下のラインがガタガタします。

 

せっかく上のほうがきれいでも、おしい!という感じになってしまいます。

 

あとは、サイズです。大きく作り始めてしまうと(カットの仕方が長いと)花材が足りなくなります。

 

その他色々、気を付けたい点はありますが、毎回少しずつ着実にクリアしていけばいいと思います。

 

今回は皆さん、あえてアップダウンはつけづに、きっちり丸く作るつもりで取り組まれていました。

 

そうなるとごまかしがきかないのでより難しくはなりますが、緊張感があって楽しめると思います。

 

皆さんかなり綺麗に丸く作れていたので手ごたえ有りだったのではないでしょうか?

 

 

f:id:elabo18sr:20181122073356j:plain
f:id:elabo18sr:20181122073359j:plain

 

f:id:elabo18sr:20181122073406j:plain

 

f:id:elabo18sr:20181122211719j:plain
f:id:elabo18sr:20181122211755j:plain



 今回はラウンドのレッスンについてでした。

 

 

お読み頂きありがとうございました